冷え症についての中医学の見方


〇冷えは何故良くないか

 他の病気を引き起こす原因になる事が多いため体質改善が必要です。


原因とタイプ

1 慢性の冷え  

身体を温める陽気の不足 臓器は心、脾、胃腸 腎

         

         心臓  全身が冷え動悸、不眠 心拍数減少等循環障害を伴う

         胃腸  腹部の冷え 軟便 手足も冷える

         腎   腰の冷えと排尿障害を伴う



2 手足の冷え

陽気が寒さ、ストレス、血液ドロドロ等により末端まで届きにくい


         ストレス   イライラや抑うつ症状を伴う

         ドロドロ血  痰が多い 胸や腹部に不快感

         血液不足   顔色が青い 目まい しもやけ あかぎれ



3 体表は温かいが寒く感じる

陽気がエネルギー不足の為体表から漏れ出してしまう


肺の衛気不足 着込むと暑く感じる 汗をかくと冷えて困る


冷えは万病のもとです。



美容の大敵 免疫疾患の原因 不妊症の原因になります。

積極的な体質改善をお勧めします。

何なりとご相談ください。